2020年度 横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト 参加者募集 | Yokohama International Youth Photo Project 2020 Call for Participants

2020-09-03ワークショップ Workshop,参加者募集 Call for Participation横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト Yokohama International Youth Photo Project

※参加受付は終了しました。
NOTE: We stopped accepting applications because there is no more place available.

(注)英語の案内文はページ下部にあります。スクロールしてご覧ください。
NOTE: Please scroll to the bottom of the page for the English guidance.

写真作品 Photo Work
水の中の銀河/エリカ・マックニール/14歳/アメリカ合衆国 | Galaxy in the Water/Ellica O. McNeal/14 years old/United States of America

横浜インターナショナルユースフォトプロジェクトについて

このプロジェクトでは、外国につながる若者たちに彼らの住む横浜の風景を撮影してもらい、国際化が進む横浜の多文化共生社会を内側から「見える化」し、変わりゆく街を「記録」します。
8月から月2回のペースで写真の勉強を始め、来年1月には象の鼻テラスと市内各地で展覧会をおこないます。スケジュールは下記をご覧ください。
講師は、アメリカの新聞社に勤めたフォトジャーナリストです。
言葉がなくても通じる言語の写真をツールとして、表現の枠を広げてみませんか? たくさんの外国にルーツある中高生の参加をお待ちしています。

  • カメラがなくても貸出用カメラを用意しています。
  • 参加生徒で必要な人には、交通費の援助があります。

2019年度 横浜インターナショナルユースフォトプロジェクトの様子

このワークショップでは、10代の子どもたちが、身の回りのものごとをその子独自の視点で見て考えることに取り組みます。そのために、あたえられたテーマについて考えたことを写真に撮る練習をします。毎回、撮ってきた写真を選んでプリントし、意見を交換します。そうすることによって、どのようにして写真を通して自分の声をとどけるかを学びます。

  • ワークショップの時間:13時30分から15時30分まで
  • ワークショップの場所:なか区民活動センター
1回目 8月30日(日)参加者&講師紹介。オリエンテーション。「表現ツールとしての写真」。
2回目 9月13日(日)
3回目 9月27日(日)
4回目 10月11日(日)
5回目 10月25日(日)
6回目 11月8日(日)作品展用の作品作りに向けて意見交換。
7回目 11月22日(日)展示作品選定。
8回目 12月6日(日)ワークショップ最終日。展示作品のタイトル決定等。
2021年1月9日(土)16時00分から作品展オープニングイベント@象の鼻テラス
  • 作品展@象の鼻テラス 2021年1月9日(土)から1月17日(日)まで
  • 作品展@あーすぷらざ 2021年1月18日(月)から1月28日(木)まで

フォトジャーナリスト。全米性暴力調査センター元名誉役員。アメリカのコロンビアカレッジシカゴ卒業後、アメリカ中西部の新聞社で専属フォトグラファー・フォトエディターを務める。その傍ら、アメリカ、カナダ、日本で約70人の性暴力被害者を取材撮影し、写真プロジェクト「STAND:性暴力サバイバー達」を発表。このプロジェクトがアメリカのテレビドキュメンタリーとなって反響を呼び、アメリカ連邦政府主催の犯罪被害者特別議会等でパネリストを務めるようになる。以来、東はワシントンDCの政府ビルから西はハワイの女性刑務所まで、全米各地で写真展と講演会をし、数々の防犯、犯罪被害者支援キャンペーンにも携わる。2006年より日本でも講演会と写真展を開催。警察や行政と繋がりながら、各都道府県の性暴力被害者支援センター設立の火付け役となる。2011年シカゴの母校より卒業生賞、2008年やよりジャーナリスト賞、2002年ワシントンDCよりビジョナリーアワード受賞。2007年に著書『STAND:立ち上がる選択』出版(フォレストブックス)。2018年団体 Picture This Japan を立ち上げ、社会的弱者といわれる人たちにカメラを持たせ、目にはみえにく社会を内側から可視化するプロジェクトや写真展、講演会をおこないつつ、取材と撮影もおこなう。

プロジェクト期間2020年8月から2021年1月まで
ワークショップ計8回と作品展
ワークショップ場所なか区民活動センター
神奈川県横浜市中区日本大通35 中区役所別館(Googleマップ)
作品展12021年1月10日(日)から1月17日(日)まで
象の鼻テラス
神奈川県横浜市中区海岸通1丁目(Googleマップ)
作品展22021年1月18日(月)から1月28日(木)まで
あーすぷらざ
神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1(Googleマップ)
対象外国につながる中高生
定員10人
参加費無料
申込締切申込定員に達するまで
申込方法※参加受付は終了しました。
メールフォームから。
または、ptj1yokohama@gmail.com宛に電子メールで。
(注)電子メールで申し込む場合は、
件名を「ユースフォト2020参加申込」とし、
(1)名前
(2)年齢
(3)学年
(4)学校名
(5)電話番号
(6)保護者名
(7)緊急連絡先

をお知らせください。

About Yokohama International Youth Photo Project

This project will make international communities more visible through the eyes of international youths, and open dialogue to what makes a real international city. We will exhibit the work of young photographers at Zou-no-hana Terrace and other venues from January, 2021!
The instructor, Nobuko Oyabu, is a photojournalist who worked at several newspapers in American Midwest as well as freelanced in Washington DC area.
We are looking forward to meeting young photographers to help us make the city greater!

  • No camera? No problem! We have cameras to rent.
  • We can also help pay your train/bus fares to come to workshops to the students in need.

How was Yokohama International Youth Photo Project 2019

The workshop encourages teenagers to see things in their own way, and capture what they see/think of things and situations around them. In order to do so, participants will get to practice capturing thoughts in pictures through assigned themes. We will print out their work and critique in every workshop, and ultimately create pictures as their visual voices.

  • Time of workshops: from 13:30 to 15:30
  • Place for workshops: Naka Ward Community Activity Center
(1) Sunday, August 30Meet and greet. Introduction of the project.
(2) Sunday, September 13
(3) Sunday, September 27
(4) Sunday, October 11
(5) Sunday, October 25
(6) Sunday, November 8Talk about upcoming exhibition.
(7) Sunday, November 22Choose photo works for the exhibition.
(8) Sunday, December 6Last Workshop! Decide titles of works.
16:00 Saturday, January 9, 2021Opening ceremony of exhibition @ZOU-NO-HANA TERRACE
  • Exhibition@ZOU-NO-HANA TERRACE: From Saturday, January 9 to Sunday, January 17, 2021.
  • Exhibition@EARTH PLAZA: From Monday, January 18 to Thursday, January 28, 2021.

Photojournalist and author. Graduated from Columbia College Chicago and worked for several daily newspapers as a staff photographer in the Midwest of US. Oyabu has done extensive interviews and photographed survivors of sexual violence and testified before Congress on the issue of violence against women in 2002. She has earned many awards including 2002 Visionary Award from Washington DC Rape Crisis Center, 2008 Yayori Journalist Award, and 2011 Alumni of the year from Columbia College Chicago. Now as director of Picture This Japan, she works to reach out to young immigrant/international youths as well as crime victims through community photo projects.

Duration of projectFrom August, 2020 to January, 2021
8 workshops and an exhibition
Workshop locationNaka Ward Community Activity Center
Naka Ward Office Annex, 35 Nihon-odori, Naka Ward, Yokohama City (Google Maps)
Exhibition 1From Sunday, January 10 to Sunday, January 17, 2021
ZOU-NO-HANA TERRACE
1 Kaigan-dori, Naka Ward, Yokohama City (Google Maps)
Exhibition 2From Monday, January 18 to Thursday, January 28, 2021
EARTH PLAZA (Kanagawa Plaza for Global Citizenship)
1-2-1 Kosugaya, Sakae Ward, Yokohama City (Google Maps)
Who can participateInternational kids in Jr. and High schools
Capacity10 people
FeeFREE to Participate
Application closing dateUntil the capacity is filled
How to ApplyNOTE: We stopped accepting applications because there is no more place available.
From Mail form
Or mail to ptj1yokohama@gmail.com
NOTE: Write on a mail the subject “Youth Photo 2020 Application" and following data.
(1) Participant’s Name
(2) Age
(3) Grade
(4) School
(5) Phone Number
(6) Parent’s Name
(7) Emergency Number

Posted by PTJ webmaster