Project STAND Still

性暴力サバイバービジュアルボイスVISUAL VOICE of SEXUAL VIOLENCE SURVIVORS

写真展 Photo Exhibition
東京都人権プラザ Tokyo Human Rights Plaza
2020/1/18-3/28

たとえ#metooムーブメントが広がっても、やはり声をあげたり助けを求められない人はたくさんいます。そんな人たちが、流行りやムーブメントに取り残されてしまわないように。声をあげないことも一つの選択で尊重されるべきですが、自分の体験から何かをしたいと模索しているサバイバーがいたら、これはそんな人のための講座です。横浜市男女共同参画センターとタグを組んで、安全に表現できる場を提供します。そして、日本全国で写真展を行い、サバイバーの声を写真で伝えます。
Even in #metoo era, there are just too many survivors who cannot say #metoo. Being silence is a choice that should be respected as well. But if anyone wants to do something out of own pain and suffering, we have a safe place to express yourself through pictures. 

写真は講師大藪順子作「プロジェクトSTAND:性暴力サバイバー達」の写真展の様子。この新しいプロジェクトはプロジェクトSTAND第二弾。大藪が撮るのではなくサバイバー自らが思いを写して伝えます。
The exhibit of Project STAND: Faces of Rape & Sexual Abuse Survivors by Nobuko Oyabu, photojournalist and the instructor of this seminar. This new project is the second phase of Project STAND. 

加害者がのうのうと生きているなら、被害者はもっと堂々と生きればいい。恥ずべきは人の尊厳を踏みにじる加害者であり、被害者ではありません。
”Rapists get 3-5 years, but victims get life” said one survivor in California. But we believe sexual violence survivors should live as happy as they can be. Don't let anyone take away the rights of survivors.

どんな性暴力でも、被害者の意思では起こり得ません。どんな状況でも被害者は悪くない。そしてすべての被害者が自分らしい花を咲かせることができるように。
Sexual violence is never a victim's fault. We believe that the survivors can reclaim who they are and bloom something beautiful because of what they have been through. 

このプロジェクトについて
About this project

日本語

性暴力サバイバーだからこそできることがある。そんな思いを形にしたい人が自ら作るプロジェクト。公に#MeTooと言えない人が、安全に表現できる場を提供します。
アメリカで大きな反響を呼んだ写真展「STAND:性暴力サバイバー達」の作者で自身もレイプサバイバーのフォトジャーナリスト大藪順子と一緒に、自身の声を写真に写し伝えませんか?#MeTooといわなくてもよい社会を目指して。

English

This project is for survivors of sexual violence. If adding your voice to #MeToo feels too public, we have a safe place to express yourself in your own way. The director/instructor Nobuko Oyabu is a photojournalist who is also a rape survivor. This is part 2 of her renowned photo project “STAND: Faces of Rape & Sexual Abuse Survivors” which has been exhibited in the US and Japan, drew wide public attention and recognition. We encourage you to capture your voice in pictures. Together, we can create a society where no one will ever need to say #MeToo. This project involves a series of six photo workshop sessions and will culminate in an exhibit of the final products of each participant.

2019年の参加者募集は終了しました

2019年募集チラシ画像
クリックすると大きくなります。

日時

2019年7月~10月 の土曜日または日曜日の午後
(注)日程は応募された方のみにお知らせします。

定員

10名。性別問わず・サバイバー限定。

参加費

3,000円(講座6回分)

託児サービス

保育あり。1歳6ヵ月~未就学児(予約制・有料)。希望日の4日前までに「子どもの部屋」へご予約ください。

(注)経済的に困難な事情がある横浜市内在住・在勤・在学の方には、保育料が免除される制度があります。詳細は電話045-910-5700へお問合せください。

作品展

会場:アートフォーラムあざみ野 交流ラウンジ
日程:2019年12月1日(日)〜12月7日(土)

ギャラリートーク

会場:アートフォーラムあざみ野 2階セミナールーム
日程:12月7日(土)14:30~16:00
保育あり 
参加費1000円(お茶付)

※プロジェクト参加者は自由参加

講師について

大藪順子(おおやぶのぶこ) フリーフォトジャーナリスト

Created with Sketch.

全米性暴力調査センター元名誉役員。アメリカのコロンビアカレッジシカゴ卒業後、アメリカ中西部の新聞社で専属フォトグラファーを務める。その傍ら、アメリカ、カナダ、日本で約70人の性暴力被害者を取材撮影し、写真プロジェクト「STAND:性暴力サバイバー達」を発表。このプロジェクトがアメリカのテレビドキュメンタリーとなって反響を呼び、アメリカ政府犯罪被害者支援特別議会等でパネリストを務めるようになる。以来、東はワシントンDCの政府ビルから西はハワイの女性刑務所まで、全米各地で写真展と講演会をし、数々の防犯、犯罪被害者支援の全米キャンペーンにも携わる。2006年より日本でも講演会と写真展を開催。警察や行政と繋がりながら、各都道府県の性暴力被害者支援センター設立の火付け役となる。2011年シカゴの母校より卒業生賞、2008年やよりジャーナリスト賞、2002年ワシントンDCよりビジョナリーアワード受賞。著書に『STAND:立ち上がる選択』フォレストブックス出版(2007)。

Call for Workshop Participants in 2019 

Flyer image of 2019
Click this to enlarge.

Dates

6 Saturday or Sunday afternoon Between early July to mid October
We will notify details on workshops dates and time to applicants.

Note: Deadline of application is Sunday, June 30, 2019.

Who can participate

All genders, survivors only. The capacity is 10 people.

Participation Fee

3,000 yen for 6 sessions

Childcare service

For those who have small children, there is a childcare available at the place that workshops take place for a small fee. But Need a reservation at least 4 days in advance. Please call 045‐910-5724 for Art Forum Azamino, the facility of Yokohama Gender Equality Center. 

Exhibition

Location: 1F Exhibit Space, Art Forum Azamino

Dates: Sunday, December 1 - Saturday, December 7, 2019

Symposium

Location: Art Forum Azamino
Date: Saturday, December 7, 2019

Note: A conference open to anyone who would like to participate.

About Instructor

Nobuko Oyabu, Photojournalist

Created with Sketch.

Graduated from Columbia College Chicago in Photo major concentration on Photojournalism. Oyabu has worked 3 daily newspapers in the Midwest of the US before became a freelancephotojournalist. She had interviewd and photographed more than 70 survivors of sexualviolence throughout the States, Canada, and Japan. The photo project entitled "ProjectSTAND: Faces of Rape and Sexual Abuse Survivors" became a travevling exhibit as well as adocumentary film on Lifetime TV. She has also spoken at many conferences, universities,and testified at the US Congressional Caucus on Violence against Women. From 2006, shehas spoken and exhibited in Japan for better support victims of sexual violence in Japan. Shehas recieved numerous awards including 2011 Alumni of the Year from Columbia CollegeChicago, 2008 Yayori Journalist Award, and 2002 Visionary Award from Washington DC.

申込方法

Eメールで picturethisjp@gmail.com 宛か、または下のメールフォームでご連絡ください。

Application

Contact us with e-mail to picturethisjp@gmail.com or the e-mail form.

Note: Deadline of application is Sunday, June 30, 2019.