Project STAND#2

2020-12-02

性暴力サバイバービジュアルボイス
VISUAL VOICE of SEXUAL VIOLENCE SURVIVORS

2019年度の参加者たちが新しいグループ「STAND Still」を立ち上げ、2020年度のワークショップを開催します。
Participants in 2019 establish a new group STAND Still and sponsor the workshop in 2020.

たとえ#metooムーブメントが広がっても、やはり声をあげたり助けを求められない人はたくさんいます。そんな人たちが、流行りやムーブメントに取り残されてしまわないように。声をあげないことも一つの選択で尊重されるべきですが、自分の体験から何かをしたいと模索しているサバイバーがいたら、これはそんな人のための講座です。私たちは安全に表現できる場を提供します。日本全国で写真展を開催し、サバイバーの声を写真で伝えます。

Even in #metoo era, there are just too many survivors who cannot say #metoo. Being silence is a choice that should be respected as well. But if anyone wants to do something out of own pain and suffering, we have a safe place to express yourself through pictures.

写真は講師大藪順子作「プロジェクトSTAND:性暴力サバイバー達」の写真展の様子。この新しいプロジェクトはプロジェクトSTAND第二弾。大藪が撮るのではなくサバイバー自らが思いを写して伝えます。

加害者がのうのうと生きているなら、被害者はもっと堂々と生きればいい。恥ずべきは人の尊厳を踏みにじる加害者であり、被害者ではありません。

どんな性暴力でも、被害者の意思では起こり得ません。どんな状況でも被害者は悪くない。そしてすべての被害者が自分らしい花を咲かせることができるように。

The exhibit of Project STAND: Faces of Rape & Sexual Abuse Survivors by Nobuko Oyabu, photojournalist and the instructor of this seminar. This new project is the second phase of Project STAND.

”Rapists get 3-5 years, but victims get life” said one survivor in California. But we believe sexual violence survivors should live as happy as they can be. Don’t let anyone take away the rights of survivors.

Sexual violence is never a victim’s fault. We believe that the survivors can reclaim who they are and bloom something beautiful because of what they have been through. 


Project STAND#2 (2019) 性暴力サバイバービジュアルボイス 参加者募集
Project STAND#2 (2019) VISUAL VOICE of SEXUAL VIOLENCE SURVIVORS Call for Participants

Posted by PTJ webmaster