写真は語る

秘められたメッセージの読み方と伝え方を学ぶワークショップ

PICTURE TALKS

The workshop to see message behind image and tell stories

誰もが発信できる今、メディアリテラシー、特に写真を撮る・使う時、気をつけないと誰かを傷つけたり、危険にさらしてしまったり、先入観やステレオタイプを助長することに繋がることもあります。このプロジェクトは写真の撮り方講座ではなく、編集の仕方でメッセージが変わる写真や、写真の写り込んだ物事に思いを馳せ、実際に自分の思いを撮ることを通して、自身の中に潜む先入観に気づいたり、新しい自己発見をしたりする講座です。とても人気のある講座です。あと残り数席となりました。申込みはお早めに!
Anyone can publish pictures nowadays, but do we know photography can be a weapon to do good and bad? Picture really can speak about who you are, your thoughts, and your point of view. In a right way, we can do so much good with images we create. This seminar is not about how to take beautiful pictures. It’s about how to capture thoughts and feelings, tell stories as well as observe how the power of editing. This is our most popular seminar. In fact we only have a few left. Hurry and apply! 

ただ撮った写真にも、撮る人の思いが写っています。
You may think taking pictures is just clicking, but your pictures still show your thoughts. 

編集(トリミング)の力で思いを明確にしメッセージ力アップ。
We will talk about the power of editing. 

自分で撮る写真から自分の思いと向き合ってみる。
Through your own work of photography, find out your inner voice and who you really are. 

このプロジェクトについて
About this project


日本語

私たちPictur This Japanは「横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト」の主催団体として、外国につながる中高生にカメラを持たせ、彼等の目線で撮影した横浜を見せてもらうことで、多文化共生社会を内側から可視化すると同時に、外国ルーツの子ども達が言葉に囚われず自由に表現する中で、自分と向き合い、内なる声を見出せたらと願って活動しています。 このプロジェクトはその大人版です。将来横浜インターナショナルユースフォトプロジェクトに携われる人材育成としても行います。カメラの使い方講座ではありません。その人にしか撮れない写真を追求し、写真の裏にあるものに思いを馳せる講座です。ユニバーサルな言語である写真を用いて、人々の表現枠を広げ、自己肯定感の育成につなげることが私たちの願いです。まずは一緒にやってみませんか?下のフォームから応募できます。ぜひご参加ください。 

English

We, Picture This Japan, picture a better future. We have sponsored “Yokohama International youth Photo Project” teaching teenagers how to express themselves and tell stories through photography in hope of raising their self-esteem, and we, too, have been learning from them. Our annual exhibit at Zou-no-hana Terrace attracts thousands of people every year. We are extending the same project to big kids, AKA adults, who want to learn photography as a tool to reach out and bring out the inner voice of people, and maybe do something good with it someday. We focus on how to read or see the message on images and how to tell stories on your own by learning the deep end of photography. The director/instructor, Nobuko Oyabu, is an award-winning photojournalist who had worked at several newspapers in the American Midwest as well as freelancing in Washington DC area. She has also served as a photo editor/writer for several publications. Please join us to do something positive with your love of photography.

2019年の参加者募集

2019年募集チラシ画像
クリックすると大きくなります。

日時

2019年9月1日(日)から2019年12月1日(日)まで
13:30~16:00、全5回
作品展:2020年1月11日(土)〜

対象

外国につながる大人、若者支援に興味のある方 

参加費

15,000円(セミナー5回分、展示作品額装費込)
振込みの詳細は応募後にお知らせします

ワークショップスケジュール

詳細

Created with Sketch.

【1回目】
2019年9月1日(日) 13:30~16:00

  • オリエンテーション
  • 講座「モノ言う写真とは」
  • 屋外撮影会。


【2回目】
2019年9月29日(日) 13:30~16:00

  • 講座「広告写真に秘められたメッセージを読み解く」
  • 撮影してきた写真の評論


【3回目】

2019年10月13日(日) 13:30~16:00

  • 講座「フォトジャーナリズム:1枚の写真でニュースを伝える」
  • 撮影してきた写真の評論


【4回目】

2019年11月3日(日) 13:30~16:00

  • 「Editing(編集)の力」
  • 撮影してきた写真の評論
  • 屋外撮影会。


【5回目】

2019年12月1日(日) 13:30~16:00

  • 展示作品決定
  • 展示作品のキャプションとタイトル決定


【作品展】

会場:象の鼻テラス
展示期間:2020年1月11日(土)~1月19日(日)
※ヨコハマインターナショナルユースフォトプロジェクトと同時開催です。

講師について

大藪順子(おおやぶのぶこ)

Created with Sketch.

フォトジャーナリスト。全米性暴力調査センター元名誉役員。アメリカのコロンビアカレッジシカゴ卒業後、アメリカ中西部の新聞社で専属フォトグラファー・フォトエディターを務める。その傍ら、アメリカ、カナダ、日本で約70人の性暴力被害者を取材撮影し、写真プロジェクト「STAND:性暴力サバイバー達」を発表。このプロジェクトがアメリカのテレビドキュメンタリーとなって反響を呼び、アメリカ連邦政府主催の犯罪被害者特別議会等でパネリストを務めるようになる。以来、東はワシントンDCの政府ビルから西はハワイの女性刑務所まで、全米各地で写真展と講演会をし、数々の防犯、犯罪被害者支援キャンペーンにも携わる。2006年より日本でも講演会と写真展を開催。警察や行政と繋がりながら、各都道府県の性暴力被害者支援センター設立の火付け役となる。2011年シカゴの母校より卒業生賞、2008年やよりジャーナリスト賞、2002年ワシントンDCよりビジョナリーアワード受賞。2007年に著書『STAND:立ち上がる選択』出版(フォレストブックス)。2018年団体 Picture This Japan を立ち上げ、社会的弱者といわれる人たちにカメラを持たせ、目にはみえにく社会を内側から可視化するプロジェクトや写真展、講演会をおこないつつ、取材と撮影もおこなう。

Call for Workshop Participants in 2019

Flyer image of 2019
Click this to enlarge.

Dates

From Sunday, September 1, 2019 to Sunday, December 1, 2019
13:30~16:00, Held 5 days,
Exhibition: Saturday, January 11, 2020〜

Who can participate

Adults (age 18 and up) who love photography and love to support young people through arts

Participation fee

15,000 yen for 5 seminars including making an exhibit piece

Workshop schedule

Details

Created with Sketch.

[1st day]
13:30~16:00, Sunday, September 1, 2019

  • "Make statements with photography?" seminar
  • Photoshoot


[2nd day]
13:30~16:00, Sunday, September 29, 2019

  • "Hidden messages in pictures in marketing" seminar
  • Critique work


[3rd day]
13:30~16:00, Sunday, October 13, 2019

  • "Photojournalism: Tell a story in one picture" seminar
  • Critique work


[4th day]
13:30~16:00, Sunday, November 3, 2019

  • "Power of Editing" seminar
  • Critique work
  • Photoshoot


[5th day]
13:30~16:00, Sunday, December 1, 2019

  • Finalize work for photo exhibit
  • Make a title and caption


[Grand Exhibition]

Exhibition hall: Zou-no-hana Terrace

Exhibition period: Saturday, January 11 to Sunday January 19, 2020

Note: Held simultaneously with Yokohama International Youth Photo Project

About Instructor

Nobuko Oyabu, Photojournalist

Created with Sketch.

Photojournalist and author. Graduated from Columbia College Chicago and worked for several daily newspapers as a staff photographer in the Midwest of US. Oyabu has done extensive interviews and photographed survivors of sexual violence and testified before Congress on the issue of violence against women in 2002. She has earned many awards including 2002 Visionary Award from Washington DC Rape Crisis Center, 2008 Yayori Journalist Award, and 2011 Alumni of the year from Columbia College Chicago. Now as director of Picture This Japan, she works to reach out to young immigrant/international youths as well as crime victims through community photo projects.